海産物・水産加工食品

播磨灘の幸豊かな瀬戸内の播磨灘から、四季折々の幸が水揚げされます。

写真

季節の魚介類

瀬戸内海の中でも播磨灘沿岸部は水深が浅く、千種川や揖保川などの大きな川から豊かな栄養が流れ込み、西の備前瀬戸からの瀬戸内海西部の海水と、南の鳴門海峡からの高温の黒潮の分流が流れこむことで、海水温や栄養分が季節的に変動し、豊富な魚介類が育成する優良な漁場になっています。このため、マダイやスズキ、カレイやエビ類など四季を通じて漁獲される魚介類の他、初春のイカナゴ(シンコ)、初夏のサワラ、夏から秋のハモ、秋から冬にかけてのガザミ(ワタリガニ)など旬の魚介を味わうことができます。また、波が穏やかで入江の多い沿岸や家島諸島では、牡蠣(かき)やノリの養殖も盛んに行われ、播磨灘の幸は一年を通じて食べ飽きることがありません。

写真

牡蠣、アナゴ、イカナゴ

舌の上に広がる芳醇な味わいが魅力の牡蠣は、播磨地域ではむき身や殻付きのまま提供され、全国にも出荷されています。また、佃煮や燻製などの加工品も好評です。また、播磨の水産加工食品の代表格といえば焼きアナゴが挙げられます。大ぶりで味わいが深いことから、料理人や食通の方からも人気が高い逸品です。春を告げる播磨灘の風物詩、イカナゴのシンコ漁も有名です。甘辛く炊き上げたイカナゴのくぎ煮は、地域自慢の銘品です。

写真

海苔、佃煮、蒲鉾

全国でも有数の生産量を誇る播磨灘の海苔は、ほかの地方のものに比べて、黒くて厚みがあるのが特徴です。豊かな磯の香りと一番摘みならではの歯切れの良い食感を生かすため、味付けは少し濃い目に保たれてきました。前どれのハモやアナゴを贅沢に使った蒲鉾や天ぷら(揚げ蒲鉾)などの練り物、ちりめん山椒などの佃煮類もこの地ならではのおいしさで、熱いご飯やお酒の肴にぴったりです。