工芸品・工業製品

播磨の技と創意職人プライドが高いクオリティを生み出します。

写真

革製品

播磨地域の地場産業といえば、まず挙げられるのが姫路市、たつの市、太子町などの製革業です。その歴史はきわめて古く、弥生時代後期にはその製法がすでに大陸から伝わっていたとされています。産業として根付いたのは江戸時代で、原材料の入手が容易であったこと、革なめしに適した穏やかな流水と乾燥した気候であったこと、そして脈々と伝承の技が伝えられていたことで、なめし革の技法が確立されました。
現在は、国内はもとより海外からも高い信頼を受け、鞄、靴、ベルトなど多彩な革製品を発信しています。

写真

ゴルフクラブ

かつて日本の産業の礎となり、明治以降の近代化を支えたものに生野銀山があります。そこで産出された資源を臨海部まで運ぶ輸送ルートとして大車輪の活躍を見せた「銀の馬車道」。その沿道に当たる市川流域は、古くからものづくりのエネルギーを肌で感じ、その先駆的な役割を実践する地域でした。
昭和の初め、ここで培われた刀鍛冶の技術を応用した国産初のアイアンゴルフクラブが誕生しました。さらに磨いた職人のプライドが、今もこだわりの世界基準のアイアン製品を作り続けています。

写真

期待の製品たち

世界に誇るメイドインジャパンの中で、播磨地域もその一翼を担っています。姫路市の老舗切断工具メーカーがつくるのこぎりはプロ仕様の本格製品から一般家庭用向けのDIY製品まで、世界が認めるこだわりの製品が揃っています。
加古川市の靴下は質の高いことで有名です。保湿性・抗酸化作用に優れ、体にやさしい製品など、付加価値の高いものづくりにも積極的に取り組んでいます。
たつの市のメーカーでは断熱材として利用される発泡スチロールを活用し快適で品質の高いクッション類などを開発しています。